スペックとか

スペックとか

「スペックとか」に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハードウェア、システムなどについて
あくまでも3DのPCゲームの事しか考えていません。他の用途にも使ったり、実際に購入する時とはどうしても異なりますので、これにとらわれずに各自気に入った物を買うといいでしょう。


とりあえず新しいパソコンを買いたいんですけど

とりあえずTVでCMやってて、そこらの電気屋で売ってるようなメーカー物は死んでも避けましょう。なぜなら、コストダウンなどの為に独自の変な部品を使っている事があるのでトラブルが多いのです。
自作PC(パソコンショップで部品を買ってきて自分で組み立てる事)が一番ですが、ドスパラやパソコン工房などのBTO(ビルトトゥオーダー)と呼ばれる部品を指定して組み立ててくれる所もおすすめです。だけど独自の部品を使っている場合があるそうです。
しかし、無駄な物を減らし予算内にしたい時やHDDはもっと欲しい、やっぱりメモリは2GB欲しいと言う時にはパーツに自由が効きますし、何せ完成した物が送られてきますので初心者にはおすすめかと思います。

そんなこと言われても家の都合とかでどうしてもメーカー物しか買えないんですけど
「○○ネットゲーム対応モデル」とか書いてる奴を適当に選んで買ってください。値段が高くて変なのが多いけど、少なくともゲームが全く動かなくて困る事はなかろう。
ただし無駄なソフトとかが一杯入っております。

外国のゲームをするには外国のパソコンが必要なの?
そんな事は無い。てゆーか、日本のパソコンも外国のパソコンも説明書が違うだけで、部品などの中身は基本的に世界中どこも同じです。日本語版のWindowsやキーボードではたまに外国のソフトが動かない場合はあります。

とりあえずパーツとか説明してくれよ
デスクトップパソコン

Video ビデオカード、グラフィックボード
パソコンの画像をディスプレイに映す部品です。テレビのビデオデッキみたいに録画する物ではありません。ディスプレイとパソコン本体をケーブルで繋ぐ所の元にあります。
普通のパソコンではワープロ画面やインターネット画面が写れば十分じゃねーかって感じで軽視されがちですが、PCゲームでは一番重要な部品です。
特に3DCG画面(立体画面ではない)を表示する機能に特化されています。よって、そこらのパソコンを適当に買ったらゲームが動かずに大失敗します。
2D表示しか出来ないファミコンのハードで3D表示のプレステ2のソフトは動かないと思えば分かりやすいでしょうか。

CPU シーピーユー
INTEL(インテル)のCore 2 Duo(コアツーデュオ)か、AMD(エイエムディー)のAthlon64(アスロンろくじゅうよん)が激しくお勧め。
64bitのみで起動出来るものは今の所少ないので、32bit機能だけでも十分な性能を発揮しています。
色々な種類がありますがCeleron(セレロン)やDuron(デュロン)Sempron(センプロン)の違いはPentium2,3,4やAthlonXP,64からちょっと機能や性能を減らして価格を大きく下げた普及機用のCPUです。もちろん問題無くゲームも出来ます。今持ってるパソコンでとりあえずゲームするならともかく、ゲーム用として今から新しく買うべきCPUではありません。

RAM メモリ
1GBx2枚=2GB(にギガバイト)もしくは2GBピッタシ。(もっと欲しい人は2GBx2枚や2GB+1GBなど)
今のパソコンは1GBx2枚=2GBつけるのが基本となりつつあります。
Win9x(Win95、98、98SE、Me)は512MBを超えるとまともに使えないので、1GBを積むならばWinXPやWin2000が必要になります。

HDD ハードディスク
とりあえず大きい容量を買いましょう。
ゲームいくつもプレイしたい、テレビ録画したい、カメラやビデオを保存したい、などしているとあっという間に100GBは余裕で使い切ります。
1TBも入りませんがなるべく多い方がいいと思います。
ただし、フォーマット(クリーンインストール)やバックアップはその分長く時間が掛かります。

SOUND サウンドカード
音にこだわらない限りオンボードでいいです。

CD-ROM 光学ドライブ
いいものを買えば何でもいいです。
CD-ROMやDVD-ROM読み込み機能さえあれば十分ですが、実際に購入する時はDVD-RWやCD-RWドライブなどになるでしょう。変な国の変な会社のドライブを買ったら初めは読み込めたのに1年後に同じCDが読めずにゲームが出来ない事もあるので安物には注意を。○○倍速とか速いのは読み込み時にすごくうるさい機種もありますので程々に。

Keyboard キーボード
とりあえずは普通の大きさの普通の日本語キーボードを買えばいいと思う。
必要ならば英語101キーボードを使いましょう。もちろん日本語入力も出来ます。外国のゲームは英語キーボードを想定して作られていますので、日本語キーボードでは一部機能が使えなかったり操作しにくい場合があります。
パソコンはキーボードが壊れたら何にも出来ないので、緊急予備用に古いキーボードは1つは取っておきましょう。
Windowsキーがウザイ場合はキートップを取り外しちゃいましょう。中のスイッチを直接押せば使えます。ゲーム中にWinキーを押してゲームが中断される事も無くなります。機能を止めるソフトもあります。

Mouse マウス
とりあえずは普通のマウスでいいでしょう。
その後、各人の好みによって光学マウスなど色々な製品を試してみましょう。パソコンはマウスが壊れたら何にも出来ないので、緊急予備用に古いマウスは1つは取っておきましょう。
Display ディスプレイ
ディスプレイはCRTと液晶とどっちを買ったらいいの?
ゲームにはCRTの方が優れています。が、住宅事情とか色々問題もあるでしょうから液晶でも構いませんが色々欠点があります。液晶の長所、短所を十分に納得した上で購入して下さい。少なくとも液晶を買って「画面が上手く映らないんですけど」とかクソスレ立てるバカなマネはしないで下さい。

ゲーム使用におけるCRTと液晶の長所、短所 -
※CRTは1液晶は2と表記します
外見
1.普通のブラウン管のテレビみたいな感じ。
2.ノートパソコンの画面みたいな薄いやつ。

解像度
1.マルチスキャンと言って、640x480とか1600x1200とかあらゆる解像度でもキレイに映ります。
2.基本的にその製品にあった以外の解像度では上手く表示されない可能性があります。それ以外の解像度では周りが黒く中央に小さく表示されたり、無理矢理引き伸ばされて画面がぼやけたり、縦横比が変わって主人公の顔が変な形とかになる可能性があります。実際に店頭で置いてある物を触ってみると一番かと思います。

リフレッシュレート(走査周波数)
1.蛍光灯が目に見えない程の物凄い勢いで点滅しているのはご存知でしょうか。CRTも同じくチカチカしています。基本的にチカチカ度が速いと目が疲れにくいです。しかし速いほど良いとは限りません。安物のCRTは高解像度時に速いチカチカに出来なくて困る時が多いです。
2.60Hzで固定(メーカーによる)

描画速度
1.何も問題ありません。
2.意外とそこそこ大丈夫ですが、速い動きを必要とするFPSゲーム等では残像が残って見えにくい場合があります。製品によってかなり違うらしいのでよく選びましょう。カタログの数字だけを鵜呑みにして決めるのは危険らしいが。

色の再現性
1.何も問題ありません。
2.普通にゲームするだけならそんなに問題無いでしょうが、色にこだわる人には不向きです。斜めから見た時は変な色になったり画面が見えにくい場合があります。

くっきり度
1.製品や設定によってはチトぼやける場合がありますが、ゲーム中は気になりません。
2.デジタル接続すると別次元のクッキリさだそうです。特に文字表示に優れていると言われています。せっかく液晶を買うんだから必ずデジタル接続可能な物にしましょう。入力端子にDVI-D と書かれています。ビデオカード、接続ケーブル共にデジタル対応の物が必要です。メーカー物のパソコンを調べずに買うと対応していない可能性も大です。

価格
1.比較的安い目、大分数が少なくなってきている。
2.CRTと同じ大きさクラスで比べると高い目、売れ筋以外の大型は激高。

大きさ、奥行き
1.デカイ。
2.薄い。

重さ
1.重い。大型は激重。
2.軽め。

消費電力
1.電気代ちと高め。大型はもっと高め。
2.比較的安いと言われている。

目への負担
液晶の方が目に優しいと言われているが絶対とは言えない。どっちにしても買える範囲で一番いい奴を買おう


・どのwindowsがいいの?
どのWindowsがいいですか?
ゲーム使用におけるWindowsの違い 系列 バージョン 長所 短所

NT系 Windows XP
少なくともWindows Vista専用ゲームが出まくるまで保障された将来性。
アクティベーション(不正コピーチェック機能)によるPCゲーム特有のハードウェア、ソフトウェアを頻繁に更新する事に対してのわずらわしさ。VL(ボリュームライセンス)版ちゅうのを買えば、アクティベーションが無いらしい。ゲームには必要無い無駄な機能が多すぎる気がする。

9x系 Windows 98 SE (Second Edition)
DOS~Win3.1~Win95以降のあらゆるゲームが動く高い互換性。軽くてOSごとのフォーマット、再インストールも比較的に速い。
512MBを超えるメモリではまともに使えない。将来の対応ハード、ソフトの切り捨て。

NT系 Windows 2000
Win9x系を超える信頼性、新しいハードウェアにも対応。WinXPと比べてシンプルで軽い。
WinXPでしか動かない(事になっている)ゲームが増えてきた。将来性への不安。

NT系 Windows Vista DirectX10以降専用のゲームが出来ることになってる。
Vista専用(DirectX10以降専用)ゲームが出て、しかも面白いゲーム、その中で自分のやりたいゲーム、で、ハードウェア、ソフトウェア共に金額、性能ともに納得行く物が出るのか不明。

9x系 Windows Me (Millennium Edition)
Win98SEでええやん ゲイツのやる気の感じられない不具合、意味不明なDOSの切り捨て、512MBを超えるメモリではまともに使えない。

9x系 Windows 98
Win98SEでええやん 512MBを超えるメモリ、CPUが2.1GHz以上ではまともに使えない(らしい)。

9x系 Windows 95/OSR2
Win98SEでええやん 512MBを超えるメモリ、CPUが2.1GHz以上ではまともに使えない(らしい)。DirectXが対応していない。

NT系 Windows NT 4.0 WinXPでええやん DirectXが対応していない。

WindowsXPのHomeとProfessionalってどう違うの?
少なくとも普通にゲームをするだけならばゲーム上の性能に差はありません。
ちょっとでも安い方がいいからHome、どうせ嫌々金を払わなきゃならないんなら機能も増えてるしサポートも長い事になってるしPro、って考えもあるでしょう。

最新のゲームがしたいんですけど、やっぱりWinXPとかの最新のOSが必要なんですか?
最近はWinXPでないと起動しないゲームも出てきました。仕様的に動かないのではなく、バージョンチェックで古いOSを無理矢理に切り捨てているだけの気がするんですけどね。

WindowsXPや2000などでWin95~98~Me対応って書かれたゲームが動かないんですけど。
互換性モードを使えばもしかしたら動くかもしれませんが、動けばラッキーぐらいに思っておいた方がいいです。つうか動いたら教えてくれ。もしかしたらゲームに最新パッチを当てたら動くかもしれません。色々試してダメならば素直に諦めるか対応しているOSを用意しましょう。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moemonlove.blog89.fc2.com/tb.php/55-0cd1b359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 | Copyright © 萌えもんプレイ日記 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。